皆さんこんにちは。理工学部3年の山内です。

期末試験も全て終了し夏休みに入りましたが、未だ家で自粛生活をしているので夏休みなんだか軟禁状態なんだかよくわからないですね。

家で授業しか受けてこなかったのでこれは履修しておいてよかったぞという授業を紹介したいと思います。

第3位 コンピュータシミュレーション同実習

この授業は物理現象を数理モデルで表現してコンピュータ上で現象を予測するという授業です。もちろん解析的に導出していないのであくまでも近似解ですが近似する次数を上げていくことで解析解に近づきより正確な値を求めることができます。またコンピュータ上なので桁落ちやオーバーフローなど計算する上で気をつけなければならないことが学べて大変有意義な授業でした。

第2位 情報工学

情報のやり取りを定量的に扱う授業です。要するに無駄なく情報を送るか考えようということです。モールス信号について皆さんご存知でしょうが、長符と短符がどのようにして組み合わされているかは意外と知られていません。あれはアルファベットの出現頻度に応じて組み合わされていて、よく出現する文字ほど短い符号になっています。それと適当に符号化した時と比べて通信速度にどれだけの違いが生じたかなどを学びます。

 

第1位 電気法規及び施設管理

この授業はぶっっっちぎりで面白い授業です。ブレーカーと許容電流が合致しないと安全性が保てないことや電力規制緩和に関する具体的な話などこれから生きていく上で知っておいて損はないことを学べました。もし時間があれば履修することをお勧めします。

皆さんのお勧めの授業も教えていただけると幸いです。

それでは皆さん、ごきげんよう。