こんばんわ!

この度主務を拝命いたしました、九津見海公でございます。

あっという間に執行学年になってしまいました。

入部した日がまるで昨日のように思い出されます。

あれから僕らはどれだけ成長できたのでしょう。

全て来年の今頃、形になってわかることだと思います。

自分にしかできない方法で部を支えたいと思い続けてきました。

 

主務という地味なる大役を仰せつかった今、部の繁栄のため精一杯尽力できればと考えている次第です。

今後とも宜しくお願い申し上げます。