こんばんは、一年の木村です。春分は過ぎましたがまだまだ風が強く寒い日が続きます、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は最近駅スタッフのアルバイトを始めました。朝7時から9時過ぎまで、早起きして働きに行っています。内容としては、ホームでの声掛けや満員電車の押し込みが主な仕事です。

働く中で、電車の側面についている赤いランプが扉が閉じているかを示していることや、上から吊り下がっているオレンジのランプの意味など、普段電車を使って目に入っていたはずなのに知らなかったものが沢山あることに驚きました。

そうして仕事として関わる内に、電車に対して俄然興味が増してしまい、今日はアルバイトの仲間達に鉄道博物館に連れて行ってもらいました。

車掌さんシミュレーターをしてみたり、新幹線の運転をしてみたり、また車輪の形や信号の区間の仕組みを知ることが出来たり、新しい知識や気づきがいっぱいでした。小さい頃電車の一番前で、車掌室で光っているメーターを眺めていた時のような、ワクワクした気持ちを思い出しました。

新しい事に触れることが出来た事で、これからも新鮮な気持ちを忘れずに、日常を過ごしていきたいと思いました。それでは失礼致します。